評判の良いデータ復旧業者の選び方教えます。

データ復旧業者の評判比較サイト » 評判の良いデータ復旧会社の条件 » 復旧分野に応じたチームがある

復旧分野に応じたチームがある

メディアを復旧業者に預ける時、一日でも早く手元に戻ってきて欲しいというのが私達の願うところだと思います。ただ、データ復旧会社によっては、下請け会社や海外の業者に外注するために、何ヶ月もかかってしまうところもあります。それが、翌日のプレゼンなどで使用するデータだった場合や、そのデータが無ければ仕事ができないなんで事になる緊急を要する場合、それでは困ります。
このような、何ヶ月もメディアが戻ってこない事態を避けるためには、依頼しようと思っている業者が、自社内で復旧作業を行っているかどうかを事前に調べておくとよいでしょう。

対応が早い業者を見極めるには

また復旧作業の精度は、その業者が自社内で作業を効率化しているかどうかでもある程度分かります。ハードディスクやパソコンのデータを修復するには、高い専門性を要する分野。
パソコンなどを分解する場所は、静電気や埃などを防ぐ特別な環境を備えているのが必要最低限の条件です。つまり、理想としては、HDDなどの特殊な技術力の必要なメディアに特化している業者がベストなのです。
たとえば、私が利用したデジタルデータリカバリーの場合、HDDやRAIDの復旧に特化している業者のひとつです。

それに、精密なメディアのトラブルには、大まかに物理障害論理障害の2つに分けられます。
物理障害とは、パソコンを落とすなどが原因でデータの読み込みができなくなる状態。
論理障害は、ファイルを誤って削除したりして、アクセスに問題が生じているケースです。
上記の復旧法はそれぞれ異なるので、作業を物理復旧チームと論理復旧チームに分けることが、効率化になります。
症状に応じて、該当する分野に特化した専門家が、一斉に力を発揮することでスピーディー、かつ正確にデータを復旧できるのです