評判の良いデータ復旧業者の選び方教えます。

データ復旧業者の評判比較サイト » パーツ別のデータ復旧方法 » Mac

Mac

このページでは、Mac(マック)の主な故障内容や、データ復旧方法を解説します。

Macのデータ復旧方法

クリエイターに人気があるMacは、Windowsのパソコンに比べると、プログラムやファイルシステムが特殊なつくりになっています。
Macに不具合が発生した後、自分で直そうとして、更に悪化させてしまう確率が高く、あまり自分で触らないことが大事です。
パソコン修理業者でもMacの修理には苦戦します。

Macの主な故障内容は、以下の症状と原因があげられます。

  • 起動時ファンが大きな音をたててまわるだけで、画面に何も映らない
    Mac本体の基盤や、電源・メモリが故障している可能性があります。
  • カーネルパニックが表示される
    カーネルパニックとは、Windowsでいうブルースクリーンのようなもの。OSやHDDが、故障している可能性があります。
  • ?マークが表示されて、チカチカ点滅している
    HDDが故障していて、フォルダが読み込まれていない可能性があります。
  • カチカチと音がした直後にフリーズして、起動しなくなった
    HDDが故障した可能性があります。
    カチカチ音がしたら、相当重症な状態になっていますので、即修理業者に相談することをおすすめします。

Macでデータが見れなくなってしまった場合のほとんどの原因は、HDDに潜んでいます。データを復旧するためには、まずはHDDを疑ったほうがいいでしょう。
ハードディスクの故障は2つの原因があり、HDD自体が損傷している物理的な障害と、HDD内のデータ自体が損傷している論理的な障害に分かれています。
このどちらかが原因によって、修理するやり方も異なります。

Macはデザインを優先しているため、メンテナンス性にはあまり優れていません。
そのため、個人で分解しようとすると、本体を傷つけてしまったり、余計に悪化させてしまう可能性が高くなります。
大事なデータをどうしても復旧したい場合は、Macに強いデータ復旧業者を探し出して、修理してもらうのをおすすめします。
当サイトでも、評判の良いデータ復旧業者を紹介しているので、よかったら検討してみて下さい。

どうしても自分で復元させたい…

今すぐ自分でデータを復元させたい、という人向けの方法を紹介します。ただし、この方法が失敗してデータに異常をきたしたとても、当サイトでは責任を負いかねますので、ご了承ください。

ターゲットディスクモード

「電源が入らなくなってしまった」「画面が動かない」などのトラブルが起こった場合、もう1台別のMacとケーブルでつないで、データを取り出す方法(ターゲットディスクモード)があります。

やり方は、FireWireケーブルでつなぎ、故障していない方のMacで故障したMacのデータにアクセスし、ファイルをコピーするだけです。かなり便利な機能ですが、前提にMacを二台持っていないと行えません。

復旧ソフト

Mac対応の復旧ソフトには、「ファイルサルベージ」や「DataRescue」などがありますが、windows対応のものと比べると種類は少ないです。使い方は、どのソフトもインストール(ダウンロード)をして、あとは指示通りに、設定していくだけ。

復旧ソフトと言っても必ずデータが戻るとは限りませんし、またソフトを使用したことで余計な負担がかかり、かえってデータを損傷させる可能性もあります。市販の復旧ソフトを購入したのに、復元に失敗して損をするくらいなら、最初から業者に依頼する方が賢明でしょう。

便利なTimeMachineで日頃から対策を

Macには「TimeMachine」というバックアップシステムがあります。これは、自分が指定した期間ごとに、自動的にバックアップができるアプリケーションです。以下に使い方を紹介します。

  • 設定方法
    画面右上メニューバーにある「TimeMachine」のアイコンをクリックして、指示通りにバックアップする期間や保存先を設定します。もしアイコンが表示されていない場合は、システム環境設定内のTimeMachineをクリックして、「メニューバーに表示する」を選択しましょう。
    データの保存先は、安全性を考慮すると外付けHDDにするのがおすすめです。
  • 復元方法
    「TimeMachine」を起動すると、バックアップデータを確認する画面が表れるので、そこから復元したいデータを選びます。このように、特に面倒な作業はないので、購入時に設定しておくと良いでしょう。

Macのデータ復旧をしてもらった口コミ

【45歳女性】

Macを起動させた時にハードディスクを読み込んでくれなくてデータを見ることができなくなりました。それに、新しい情報を取り込もうとしてもハードディスクがおかしくてそれすらできない状態です。とても不便だったので専門業者にMacのデータ復旧をしてもらい一件落着しました。

【39歳女性】

今使っているMacが水に濡れてしまい起動しなくなりました。乾かせば何とかなると思いましたが、乾かした後もダメで、せめてデータだけでもと思いハードディスクを取り出しました。しかし、ハードディスクも故障した状態。急いでデータ復旧の依頼をしたところ、磁気情報を他のハードディスクに移してもらい事なきを得ました。