評判の良いデータ復旧業者の選び方教えます。

データ復旧業者の評判比較サイト » パーツ別のデータ復旧方法 » 携帯・スマホ(スマートフォン)

携帯・スマホ(スマートフォン)

このページでは、携帯・スマホ(スマートフォン)の主な故障内容や、データ復旧方法を解説します。

携帯・スマホ(スマートフォン)のデータ復旧方法

現代では、老若男女問わず必ず1人1台持っているといっても過言ではない、携帯電話やスマホ(スマートフォン)。
その圧倒的な普及率と共に、故障の問い合わせも近年増えています。

主な故障内容は、踏んだり落下させてしまうことが原因で液晶が割れてしまったり、水没が原因で電源がつかなくなる、というのがよくある事例です。
液晶や本体が割れた際ですが、基盤が生きていれば、データを復旧できる可能性は高いですが、問題は水没の場合です。

水没させてしまい、濡れている状態では電源が入っていたのに、乾燥させたら動かなくなったケースがあります。
これは水分自体が原因で電源が入らないわけではなく、濡れたことにより、基盤に腐食や損傷が発生し、電源が入らなくなるのです。

他には、電源は入るものの、キー操作を一切受けつかなくなってしまったり、液晶画面がちらつく現象が見られたら、即電源を落とし、バッテリーを取り外せるタイプならすぐに外しましょう

水没時に、多くの人がやってしまう対処法として、ドライヤーや暖房機具で乾燥させてしまうことですが、これは間違った対処です。
ドライヤーを当てることで一時的には水分が蒸発しますが、結露が発生して余計に水分が増えてしまいます。
また、熱が原因で基盤のパーツが変形し焦げてしまいます。

正しい応急処置として、まず水没してしまったら、携帯やスマホの電池とSIMカードを抜きます。
ショートする危険があるため、絶対に電源を入れて操作をすることや、充電をしてはいけません
次に水分を軽くきり、水滴を拭いた後に、乾燥剤と一緒にビニール袋の中に入れます。
これで処置は完了ですが、あくまで応急処置なので根本的な改善にはなっていません
乾燥させた後に、普通に使えるからといって使用し続けるのは危険です。
一度水につけてしまうと、少なからず機械はダメージを受けていますので、応急処置後は早めにデータ復旧業者に依頼して、データのバックアップをとってもらうことが一番の解決策でしょう。

どうしても自分で復元させたい…

今すぐ自分でデータを復元させたい、という人向けの方法を紹介します。ただし、この方法が失敗してデータに異常をきたしたとても、当サイトでは責任を負いかねますので、ご了承ください。

復元ソフトを使用する

自力でデータ復旧に挑戦するならば、復元ソフトを使用しましょう。メジャーなスマホ・携帯電話データ復元ソフトとしては、ワンダーシェア社の「Dr.Fone for Android(Win版)」や「EaseUS MobiSaver for Android Free」などがあります。これ以外にも様々なソフトがあり、最近ではフリーのソフトや、写真の復元に特化したものなども。

どのソフトを利用するかは、自分の用途に応じて選ぶとよいでしょう。ただし、全ての機種に対応しているとは限らないので、利用する際には必ず確認して下さい。

<作業の流れ>

使用方法は、だいたいどのソフトも共通しています。

まず、復元したいスマホ・携帯電話をUSBでパソコンにつなぎます。もし認識されない時は、SDカードを取り出して、カードリーダーに入れてパソコンとつなぎます。画面上でソフトが起動したら、指示通りに従います。

復旧可能なデータが一覧で表示されたら、該当するものを選んで実行。あとは保存先を選べばOKです。

ただ、全てのデータが読み込めるとは限らないので、あまり期待しすぎない方がよいでしょう。また有料ソフトの場合には、たいていお試し版がありますので、そちらを先に使ってからの方が良いですね。

ソフトを選ぶ際に注意したいこと

ソフトがWindowsやMacのみとOSが限定される場合もあるので気を付けましょう。また、SDカードかmicroSDのデータのみが復旧対象のソフトは、本体に保存したデータは復旧できません。自分で復旧作業ができるのは確かに便利ですが、色々作業をしてしまったことで、余計に事態が悪化してしまうこともあります。

大切なデータを少しでも早く、より確実に復旧したいのであれば、やはり復旧業者に頼んで、プロの手を借りる方がよいでしょう。またほとんどの携帯会社はバックアップサービスがあるので、そちらを利用するのも良いですね。