評判の良いデータ復旧業者の選び方教えます。

データ復旧業者の評判比較サイト » パーツ別のデータ復旧方法 » SSD

SSD

このページでは、SSDの主な故障内容や、データ復旧方法を解説します。

SSDのデータ復旧方法

長い間パソコンのストレージには、HDDが使われてきましたが、SSDはHDDよりもメリットが多いため、今後はSSDが使われたパソコンが増えると予想されています。
SSDは、データの読み書きをフラッシュメモリで行っているため、HDDよりも衝撃に強く、動作音が静かです。データアクセスや発熱をほぼしないのも人気の秘訣です。
そんなSSDも精密機器なので、長年使い続けたり、強い衝撃を与えてしまうと、故障してしまいます。

主な故障内容は、operating system not foundと表示されて、windowsが起動されなくなってしまったり、フリーズが頻繁に発生するケースです。
なかにはある日いきなり入っているデータが全部消えた、なんていう話もあるようです。

SSDを長年使い続けるには、HDD同様に、日々バックアップを取り続けることが最も重要です。
SSDはいつか壊れるもの、という認識を持つことも大事でしょう。
自分で修理するには、HDDよりも難しいため、余計なところをいじらずに、そのままデータ復旧業者に依頼するのが良いでしょう。
症状の程度によりますが、基盤やコントローラーに障害がある場合や、メモリーチップの故障、誤ってフォーマットしてしまった場合だと、データ復旧業者なら比較的簡単に直すことができます
高いお金を出すのを渋って、フリーソフトを使い自力で直すのも良いかもしれませんが、大事なかけがえのないデータが消えてしまったり、パソコンが動かなくなってなったら、元も子もありませんよね。
データ復旧業者によっては、診断や見積もりを行ってくれるところや、必要なデータの復旧に成功しなければ、報酬はもらわないところもあるので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

どうしても自分で復元させたい…

今すぐ自分でデータを復元させたい、という人向けの方法を紹介します。ただし、この方法が失敗してデータに異常をきたしたとても、当サイトでは責任を負いかねますので、ご了承ください。

データ復旧ソフトを使う

自分で対処するのであれば、データ復旧ソフトを使うのが良いでしょう。ソフトは、ポータブル版がオススメです。本体にインストールせずに済むため、誤ってデータを上書きするような心配がありません。内容に変わりはないので、USBなどにポータブル版を落として使用するのがベストでしょう。

また、ソフトがSSDに対応しているかどうかも重要です。「EaseUS」や「Recuva」はSSDに対応しています。使い方は、復旧ソフトをインストール(ダウンロード)して、画面の指示通りに従っていけばOKです。その他、これと言って難しい作業はありません。

HDDよりも難しい

SSDはHDDに比べて構造が複雑な分、データを復旧させるのも難しいです。HDDは壊れてもデータの場所は変わりませんが、SSDはデータを分散して記憶しているため、この動きをつかさどるコントローラーが壊れてしまうと、歯も立たない状態になります。

また、HDDには故障前にカンカンと音が鳴り始めたり、妙に遅くなるといった予兆がありますが、SSDにはそういったものがないので、バックアップが間に合わなかったという話も多々あるようです。

当然、SSDを外側から見てもどこが壊れているのかは分からないので、ソフトで復旧作業を行うことにより、かえって悪影響を与えてしまうなんてことも考えられます。大切なデータを安全に取り出したいのであれば、すぐに専門のデータ復旧業者に連絡する方が確実でしょう。

日頃からバックアップの習慣を

SSDは、フラッシュメモリチップに記憶させるので、扱いやすく耐久性にもすぐれていると思われがちですが、決して壊れないとは言い切れません。確かに外部の衝撃には強いほうですが、内部は頑丈な作りとはいえず、また静電気にも弱いと言われます。SSDの性能を過信せずに、日頃からバックアップを行っておきましょう。