評判の良いデータ復旧業者の選び方教えます。

データ復旧業者の評判比較サイト » パーツ別のデータ復旧方法 » USBメモリ

USBメモリ

このページでは、USBメモリの主な故障内容や、データ復旧方法を解説します。

USBメモリのデータ復旧方法

持ち運びが簡単なコンパクトサイズのUSBメモリは、出先などで簡単にデータを持ち帰ることができる、便利な記録デバイスです。
昔のUSBメモリは、書き込み速度が遅く、書き込み回数に制限があるのがデメリットでしたが、最近では、高速に書き込みができる大容量の、最新モデルも発売されています。
大容量のUSBメモリを、ハードディスクのように使う人もいらっしゃいますが、USBメモリは長期保存には向かず、耐久性はあまり信頼できるようなものではないので、一時的にデータを持ち運ぶという使い方が、最も適しています。

USBメモリの主な故障内容は、誤ってオートフォーマットを実行して初期化させてしまったり、パソコンがUSBメモリを認識してくれなかったり、安全な取り外しを実行する前に、無理やりUSBメモリを抜いてしまうことなどがあげられます。
電子機器なので水に弱い性質があるため、誤って水の中に落としてしまったことが原因で、USBメモリ内の基盤が損傷してしまい、データが読み込まれなくなったケースもあるようです。

データが消えてしまった後の対処法としては、新しいデータを絶対に上書きしてはいけません
データを上書きすることで本来のデータが消えてしまい、復旧が困難になってしまいます。
消えてしまった後は、データ復旧のソフトを使って直すのもいいですが、フリーソフトの場合、余計にバグが起こってしまうケースもあるようです。

一番の得策はデータ復旧業者に頼んで、USBメモリのデータを復旧してもらうのがいいでしょう。
プロに任せることで、ローリスクで大事なデータを取り戻すことができます。
お金をかけずに自分で直すのもいいですが、それでデータが消えてしまったら元も子もありません。
データ復旧業者では、見積もりや修理が可能かどうかを無料で診断してくれるので、まずは相談してみるのがおすすめです。

どうしても自分で復元させたい…

今すぐ自分でデータを復元させたい、という人向けの方法を紹介します。ただし、この方法が失敗してデータに異常をきたしたとても、当サイトでは責任を負いかねますので、ご了承ください。

復元ソフトを使う方法

  • 間違ってデータを消去してしまった
  • 急に読み込まなくなってしまった
  • 突然エラー表示が出る

これらのような症状の場合は、復元ソフトを利用する方法があります。

復元ソフトには、価格から対応ジャンルまで様々な種類があり、最近ではフリーソフトもかなり多いです。USB対応でメジャーどころとしては、「Renee Undeleter」や「Womdershare」など。

ただしこの方法は絶対成功するとは限らないので「うまく行けばラッキー」くらいの気持ちでトライした方がよいでしょう。

<作業の流れ>

USBをパソコンに差し、ソフトをダウンロード(インストール)して、指示通りに進んでいくだけです。

読み取り後、復元可能なデータを選び出してくれます。そこから必要なデータを選べば終わりです。ただ、ここでプレビューできたとしても、最終的に復元できるかは分かりません。

もし、一度ソフトで試して無理だった場合は、すぐに業者へ依頼しましょう。何度も自分で作業してしまうと、読み込みさえできなくなる可能性もあります。

そうなってから業者に頼んだ場合、復旧までの日数や金額が増してしまうかもしれません。なるべく、何もいじっていない状態で業者に依頼したほうが賢明です。

USBのトラブルの原因

USBメモリは、容量の大きなものもありますし、手軽に扱えるのでとても便利ですよね。データの持ち運びに利用している人が多いと思いますが、実はそれほど頑丈なものではないので破損トラブルは多々あります。

抜き差しやフォーマットのタイミングで壊してしまうだけでなく「落として踏んでしまった」「鞄の中に入れておいたら曲がってしまった」など、物理障害もよくあります。

この場合、中のICチップが無事であれば、復旧する可能性は高いです。ただ、差し込むことができないほど壊れている場合は、自力で復旧するのは諦めましょう。