評判の良いデータ復旧業者の選び方教えます。

データ復旧業者の評判比較サイト » パーツ別のデータ復旧方法 » ビデオカメラ

ビデオカメラ

このページでは、ビデオカメラの主な故障内容や、データ復旧方法を解説します。

ビデオカメラのデータ復旧方法

冠婚葬祭や、わが子の運動会などの映像を納めたビデオカメラのデータは、代わりが無いとても大事なデータです。
現在お店で売られているビデオカメラは、HDDやフラッシュメディアなどで、データを記録しています。
以前のビデオカメラはテープで記録していましたが、映像のクオリティや操作性が格段に良くなった半面、ちょっとした作業をするだけで、一瞬でデータが消えてしまいます。

子どもがビデオカメラを操作していて、気づいたらデータを削除してしまっていたり、ビデオカメラ上の画面で編集していたら誤って削除してしまった、というケースがあります。
なんとか復旧しようとしても、一度消えてしまったデータは、個人がやるにはあまりに難しい作業です。
データ復旧のソフトも販売されていますが、大事なデータが確実に取り戻せる保証はありません
それに、1回データの復旧に失敗してしまうと、もう2度とデータが取り出せないパターンも存在します。
ビデオカメラメーカーに修理を依頼したとしても、ビデオカメラ本体の修理はできますが、消してしまった映像の取り出しや復元はできない、といわれる場合がほとんどです。

他にも、ビデオカメラを水没させてしまうケースがあります。
プールや海の中に落としてしまったり、最近のビデオカメラはとてもコンパクトなので、服に入れたまま洗濯してしまうケースも多く見られます。
このときに、ドライヤーなどの高熱を発するもので、乾燥させようとすると、ビデオカメラ内の基盤が変形したり、腐食する可能性があるので、絶対にやめましょう

自分で処置するのは、お金もかからないので良いのですが、2度と訪れることのない大切な思い出のデータをその行動で消してしまったら、悔やみきれません。
そうなる前に、プロのデータ復旧業者に頼んでみるのをおすすめします。
見積もりや診断を、無料で行ってくれるところもあるので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

どうしても自分で復元させたい…

今すぐ自分でデータを復元させたい、という人向けの方法を紹介します。ただし、この方法が失敗してデータに異常をきたしたとても、当サイトでは責任を負いかねますので、ご了承ください。

誤ってデータを消してしまったら…

まず、ビデオカメラの使用を止めましょう。これは、データの上書を避けるためです。どうしても使用を続けたい場合はSDカードを入れ替えます。

もし、データを本体に保存していたのであれば、逆に、SDカードなどの外部メディアに保存先を変更しましょう。データの復元に取り掛かれる状況になったら、復旧ソフトを使って作業をしていきます。

<復旧ソフトでデータを復元する方法>

  1. まずSDカードをパソコンに刺すか、USBでビデオカメラをパソコンとつなぎます。
  2. マイコンピュータから、カメラまたはカードがきちんと認識されていることを確認します。
  3. 認識されたら、データ復旧ソフトをダウンロードします。市販のものだけでなく、フリーソフトも多数あります。
    よく使われているソフトだと「EaseUS」や「ファイナルデータ」、「Recuva」など。動作環境に合ったものを探してみましょう。
  4. ダウンロード(インストール)が完了したら、画面の操作に従って進みます。
    復元したいファイルが動画なのに、ピクチャやメール、ドキュメントといった選択肢しかない場合は、「すべてのファイル」を選択しておけばOKです。
    またファイルの場所は、つないだカードまたはカメラを選択しましょう。参照ボタンを開けば出てきます。
  5. スキャンが終了したら、復元するデータの保存先を設定します。データの保存先は、スキャンしたメディア以外を選択しましょう。
    間違ってもSDカードにしないこと。これでは上書きされてしまい、せっかくの作業が水の泡になってしまいます。
    後は復元されるのを待つだけです。

以上が復元までの流れになります。これで復元できれば問題ありませんが、全てのデータが戻るという保障はありませんし、スキャンすることで、かえってデータが壊れてしまう可能性もあります。

またスキャンしても何も表示されなければ、ビデオカメラもしくはカード自体が壊れている可能性があり、そうなると自力での復元は困難です。安全に復旧したいのであれば、専門の業者に依頼する方がよいでしょう。

ビデオカメラのデータ復旧をしてもらった口コミ

【33歳男性】

子供の運動会や成長記録を撮る際に使っていたビデオカメラのデータが読み込めなくなりました。今年8歳になる息子の成長記録が保存されているため何としてでもデータ復旧したいと思い、専門業者に直してもらうことにしたのです。直してもらっている間は非常に不安な気持ちになり、いてもたってもいられませんでした。

ビデオカメラの修理が終わり、結果を聞いたところ全データの復旧が完了したといわれた時はすごく嬉しかったです。また同じような事にならないためにも、データはちゃんとバックアップしようと思います。