評判の良いデータ復旧業者の選び方教えます。

データ復旧業者の評判比較サイト » パソコンのトラブルを未然に防ぐために » 日常の取り扱いの注意点

日常の取り扱いの注意点

このページでは「振動」など、パソコンが苦手とする扱いの代表例を紹介しています。

振動はNG!パソコンはとてもデリケートなのです

パソコン使用イメージ毎日使うパソコンは、空気のように「あって当たり前の存在」。初めは丁寧だったのに、徐々に扱いが雑になっていませんか?

パソコンには寿命があり、いつかは壊れる運命です。とは言え必要以上の苦労や出費を防ぐためにも、できるだけ長く同じパソコンを使用し続けたいですよね。

そのために、以下のような操作は極力行わないようにしましょう。

振動を与える

パソコンの起動中は、ハードディスクが高速で回転しています。具体的にイメージしにくい、という方は「ハードディスク 画像」というキーワードで画像検索を。CDやDVDのようなガラス製円盤の写真を確認できますよ。

こちらの動作中に振動や衝撃が加わるとどうなるでしょうか?ディスク表面に傷が付いたり、削れるなどの大きなダメージが加わることになります。こうなると、パソコン内部のデータが取り出せなくなり「修復不能」という状態に陥ってしまうのです。

ユーザーの何気ない動作だけで、PC本体がグラグラと振動してしまうような場所に設置している場合は、すぐ移動を検討してください。またフリーズなどが起こった際に、苛立って本体を叩いたりすると、最悪の結果を生む可能性があると心しましょう。

「自分は大丈夫」、そんな風に思っている方でも、ノートPCの使用法となると、話が変わるのでは?

可動性の高さゆえ、電源を入れたまま持ち歩くことも日常茶飯事かと思いますが、実はHDD損傷と背中合わせの危険行為を行っているのです。移動の際は必ず電源を落とし、専用ケースに入れるなどして、大切に扱うようにしましょう。

使いすぎる

朝から晩まで使用していると、故障しやすくなります。外出の際は電源をオフするのが理想的。スタンバイモードにするだけでも商品電力や消耗が抑えられます。

使わなさすぎる

ほこりや湿気が蓄積されるため、長期間PCを起動しないのもNG。サブの機器でも、できれば毎日起動だけは行うようにしましょう。

いきなり電源を切る

ハードディスク内部を傷める可能性大。フリーズしてしまっても、パソコンの動作状況を表す小さなランプが点滅している場合、できるだけ(数時間かかることもある)待ってみることが必要です。

湿気が多い中で使用する

水分がパソコン内部の部品に影響を与えます。自宅でPCを使用している際は、室内干しなど湿度上昇を促す行為をできるだけ避けましょう。

同機能のソフトウェアをいくつもインストールする

フリーソフトにはつい興味を惹かれがちですが、同機能のものを複数インストールすると、機能がぶつかりPCの動作が不安定になる可能性があります。

いかがですか?上記の点に留意し、PCの不用意な故障を未然に防いでくださいね!