評判の良いデータ復旧業者の選び方教えます。

データ復旧業者の評判比較サイト » 評判の良いデータ復旧業者一覧 » データレスキューセンター

データレスキューセンター

2002年に設立されたデータ復旧業者であるデータレスキューセンターは、福岡県にある会社です。
対応できるメディアは、HDDRAID、フロッピーディスクSDカードUSBフラッシュメモリーなどで、法人から個人まで幅広い実績があります。

データレスキューセンターなど、データ修復業者を評判で比較しました

復旧までの手順とセキュリティー

データレスキューセンター HP復旧までの流れとしては、まずはHP上でダウンロードできる申込書を記入し、媒体と共に郵送か持ち込みをします。
こちらの会社にメディアが到着してから48時間以内(スーパーエクスプレスサービスを利用すれば6時間以内)に到着の連絡がきます。その後、初期調査に入り復旧可能なデータリストを示してくれます。
その内容をユーザが確認した上で復旧作業を行うか否かを判断できます。ちなみに調査を依頼する際、パソコン本体を直接送っても、HDDの取り外し料金は一切掛かりません。
多くの業者は、HDD取り外しの際、有料になるケースが多いですが、こちらの会社では無料で対応してくれるので、安心です。

データ復旧の代金については、成功報酬型の料金システムで、制限されるデータ量こそあるものの、あらかじめ金額が決まっているので、後で莫大な金額が請求されたということが無いので安心です。

なお、こちらのセンターでは、個人情報の取り扱いをしっかり行っている証としてプライバシーマークを取得しています。
さらに情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際認証基準であるISO27001も取得しています。その他にも監視カメラを設置するなど、入室管理も徹底しているのでセキュリティーが心配な方でも信頼できる業者だといえるでしょう。

データ復旧の事例

データレスキューセンターの実際にあった復旧事例や、各トラブルにおいて私たちが注意すべきポイントをまとめました。

初期診断の段階で、メディアや障害内容に関係なく、復旧可能なデータリストを無料で提供してくれるサービスが好評のようです。

ケース1
「フリーズして起動しないパソコンからのデータ復旧」

  • 【障害内容】
    パソコン自体がフリーズしがちだった為、ハードディスクを取り外し、USB変換をしてバックアップを試みた。途中まで問題なかったが、2回目以降はハードディスクそのものが認識しなくなった。パソコンに戻して起動しても、ハードディスクは認識されないままとなってしまった。
  • 【処置結果】
    不良セクタとファイルシステムの破損が原因で、重度の物理障害と論理障害が発生している状態でした。不良セクタ処理を実施し、データを復旧しました。
  • 【注意点】
    セクタ不良の多くは、経年劣化による故障寸前の状態で引き起こされます。調子が悪い日が続くようでしたら、なるべく早くバックアップを取るよう心がけましょう。また、市販のデータ復旧ソフトを使用することで、より悪化する危険もありますので、使用は慎重におこないましょう。

ケース2
「データが消えたDVD修復」

  • 【障害内容】
    DVD-RWに保存していた写真を確認中に、誤ってコンセントを抜いてしまい、パソコンの電源がOFF。以降、DVD-RWにアクセスしてもデータが空の状態となった。
  • 【処置結果】
    構造情報の破損とリードエラーが起こっていましたが、ファイル情報をもとにデータの切り出しを行い、100%データを復元しました。
  • 【注意点】
    そのままの状態で使用を続け、データの上書きがされてしまうと、復旧率は著しく下がってしまいます。症状を悪化させてしまう場合もありますので、異常が出た際には使用を一旦ストップしましょう。

利用者の評判はどうか?

データレスキューセンターの評判について調べてみました。

  • パソコンを使用している最中に、突然ハードディスクが認識されなくなりました。HDDには会社の重要資料が入っていたので焦りましたが、無事に復旧できて良かったです。
  • 復旧作業を依頼した翌々日には作業を完了してもらいデータが到着しました。電話の対応も指示が的確で、とてもスムーズに依頼をお願いできました。
  • 初期調査の段階で、修復可能なデータを提示していただけたので、すぐに仕事の調整をすることができました。
  • 復旧可能なデータの事前提供など、情報を明確に提示してくれるので依頼しやすく感じました。

>>データレスキューセンター