評判の良いデータ復旧業者の選び方教えます。

データ復旧業者の評判比較サイト » パソコントラブル事例

パソコントラブル事例

パソコンにトラブルが発生するのは、さまざまな症状と原因が想起できますが、ここでは、最も事例が多い「HDDに反応がない」「誤ってデータを削除」について紹介していきたいと思います。

HDDに反応がない」のページでは、HDDにアクセスできないケースについて事例を交えながら、対処方法を解説していきます。たとえば、重要なファイルが読み込めなくなったり、パソコンがフリーズしてしたままだったり、操作しても反応がないようなときなど。一体、どのようなことが原因で、パソコンに今、どんな問題が起きているのか、また、どのように対処していくのがよいのかなどを述べていきます。

一方、「誤ってデータを削除」のページでは、うっかり重要なデータを間違えて消してしまったときのデータを復旧する方法について紹介していきます。ゴミ箱に入れて消去したデータが必要なデータだったケース、データを上書きしてしまったが、もとのデータが必要なものであったケースなど…キーボード操作による、上書きや削除など、人為的なミスによりデータが消えてしまったとき、パソコン内ではどのような問題が発生しているのか、そして、どのように対処していくのがよいのかなどをまとめています。

ご自分の事例はどのケースに当てはまるのか、ぜひご確認頂けましたら幸いです。

障害ごとの特徴を紹介

パソコンに起きた障害を、データ復旧業者は大きく「論理障害」と「物理障害」に区分しています。ここで、それぞれの障害の特徴とその主な原因について説明します。

論理障害とは

論理障害とは、簡単にいえばハードディスクのデータに起きた障害です。他にも、パソコンを操作するユーザー側の操作ミスによってデータが消去されてしまうことも、この論理障害に区分されます。論理障害が引き起こされる原因は以下の通りです。

  • 操作を誤り、データを消去・上書き・フォーマット化してしまう
  • パソコン操作中にうっかり電源プラグやケーブルを抜いてしまい、データにエラーが生じる
  • 破損したデータをハードディスクに記録してしまった
  • 停電によってサーバーが突然シャットダウンし、エラーが生じる
  • ハードディスク内に大量の不良セクタが蓄積
  • コンピューターウィルスに感染する。

物理障害とは

物理障害とは、簡単にいえばハードディスクそのものにダメージが与えられることで発生する障害です。部品の劣化や一部破損の場合は、部品交換やクリーニングによってデータを復旧させられますが、ハードディスクそのものが大きく破損している場合や、雷サージの影響によって磁気式記録に影響が及ぼされた場合などは復旧が非常に難しくなります。物理障害が引き起こされる原因は以下の通りです。

  • パソコン本体に落下・漏水・打撃・漏電などのダメージを与える
  • 落雷による過電流(雷サージ)の影響を受ける
  • HDDに静電気や磁力が与えられる
  • 長期間使用し続けたことでの劣化
  • 接続部に負担が与え続けられたことでの破損
  • 機器内部で発生した結露
  • 地震や火災などの災害
  • HDD自体の欠陥

論理障害・物理障害が起こる予兆

HDDに障害が起こる場合、稼働時に必ず「予兆」となる何らかの異変が現れます。予兆が現れた際迅速にデータ復旧業者に依頼すれば、大切なデータを失うことを防げるでしょう。

  • ハードディスクの音が大きい。「カラカラ」「キーキー」などの異音が現れる
  • パソコンから異臭が発生する
  • パソコンの動作が一瞬止まることがある
  • 読み込み、書き込み中にエラーが発生する
  • データのアクセス速度が異常に遅い。フリーズする
  • パソコンの立ち上がりが異常に遅い。ブルースクリーンのまま立ち上がる
  • ウィンドウの切り替わりが遅い
  • メニューを表示する時に、反応のわずかな遅れや画像の乱れなどの違和感を覚える