評判の良いデータ復旧業者の選び方教えます。

データ復旧業者の評判比較サイト » パソコントラブル事例 » ハードディスクに反応がない

ハードディスクに反応がない

「パソコンがフリーズした」「パソコンが起動しない」「ハードディスクが反応しない」こんなトラブルは、突然起きる可能性があります。

パソコンがフリーズ

仕方なく強制終了させました。その時使用していたポータブルHDDが使えなくなってしまい、USBポートに差し込んでもPC側に一切反応がありません。 他のパソコンでもポータブルHDDが使用できるか試してみましたが同じ反応でした。
この場合、HDDが壊れてしまっていることも考えられます。データ回収するには専門業者に依頼することをオススメします。

HDDにアクセス出来なくなった

USB接続のHDDにエクスプローラでアクセスすると、「E:¥ にアクセスできません。インページ操作の実行エラー。」と表示されました。同じHDDをもう一台持っていますがこちらはアクセス可能です。重要なデータがかなり入っているにも関わらず、バックアップを取っていません。何とかデータを壊さないで取り出す方法はないでしょうか?
この場合、ハードウェア故障なのかはフォーマットをしてみないと判断できない状況のようです。 フォーマットしても改善がなければ、ハードウェアが故障しているかPCへの依存が考えられます。重要なデータの場合は、専門の業者へ問い合わせるのもひとつの方法です。

そもそも故障の原因って?

このような突然のHDDトラブルには、主に2つの原因に分けられます。論理障害物理障害です。
論理障害とは、メディアの不具合などソフトウェアに原因がある障害のことです。不要なソフトを消去したり、新たにソフトをダウンロードしたときに、主に起こるといわれています。

一方、物理障害とは、ハードウエアが物理的に壊れてしまっている状態です。ハードディスク内の制御基盤や磁気ヘッドなどに不具合が発生しているなどが原因です。

論理障害の場合はソフトを使用すれば、まれに直ることもありますが、物理障害の場合の多くはパソコンを分解して修理するといった作業となります。
パソコンは精密機器で極めてデリケートですから、埃の侵入を防いだり、温度や湿度を保つなど専門的な環境での作業が必要となってきます。つまり、個人で修復するのはきわめて困難だといわざるをえません。言いかえれば、ハードディスクに反応がないときは、あれこれ試行錯誤するより、速やかに復旧業者に依頼するのがベストということになります。

また、HDDの状態をパソコンのツールを使って調べることもできますが、こちらもオススメできません。その方法は、ディスクスキャンやディスクの管理などでエラーをチェックして、不良になっている部分を修復する作業なのですが、逆効果になるケースが少なくないのです。修復するつもりが、かえってディスクにダメージを与えたり、まだ浅い傷が、致命的なものになるケースもあるため、避けたほうが無難なのです。