評判の良いデータ復旧業者の選び方教えます。

データ復旧業者の評判比較サイト » パソコントラブル事例 » HDDが認識されない

HDDが認識されない

パソコンのトラブルで、「起動はするものの、ハードディスクが認識されない」といったケースがよくあります。

同じ「認識されない」でも、「BIOSに認識されない」のか、「OSに認識されない」のかでは異なります。

BIOSに認識されない場合の対処法

「BIOSに認識されない」原因としては、ハードディスクが物理的に破損してしまっている可能性が考えられます。

電源を入れたときに、耳をすませてください。もし、カチカチといった異常音が聞こえるようなら、物理的破損の可能性大です。物理的破損の場合には、そのまま動かし続けると、状態がどんどん悪化しますので、異常音が聞こえたら、すぐに電源を切るようにしてください。

ちなみに、こうしたトラブルは自分で修復することはまず不可能です。繰り返しになりますが、電源を入れて、あちこちいじることで状態は悪化して、最悪の場合、データ復旧ができなくなります

「BIOSに認識されない」ときは、すぐに専門業者に修理を依頼することをおすすめします。

OSに認識されない場合の対処法

BIOSには認識されるが、OSに認識されないといったトラブルもあります。「Windowsが正しく開始できませんでした」などのメッセージが表示されるケースが、それに該当します。

こちらの場合、ハードディスクを交換して、Windowsをインストールし直せば、パソコンを修復することができます。

しかし、交換前の古いデータはそのまま壊れたハードディスクの方に残ってしまいますので、完全に修復できたとは言えません

また、ハードディスクの交換後も「コンピュータにハードディスクドライブがインストールされていませんでした」といったエラーメッセージが表示されてしまうことがあります。これに対処しようとすると、また相当な時間を取られてしまいます。

であるならば、「OSに認識されない」場合も、始めから専門業者に依頼してしまった方が賢明な選択と言えるでしょう。