評判の良いデータ復旧業者の選び方教えます。

データ復旧業者の評判比較サイト » パソコントラブル事例 » 故障の兆候は音でわかる!迅速なデータ復旧で大切なデータが蘇る

故障の兆候は音でわかる!迅速なデータ復旧で大切なデータが蘇る

異音が聞こえる原因や対処方法

特に問題はない音

  • パソコン起動時の「ブチッ」「ポツッ」
  • 原因:電源状態が変化することで、オーディオの出力信号が変動するため発生する音。Windowsを終了・起動する際や、省電力状態への移行や復帰時にも発生します。


  • モーターが回転する「フォー」「ブオー」
  • 原因:パソコン内部のファンが回転する音なので問題はありません。ただし、通気性の悪い場所や室温の高い場所では断続的に聞こえることや、ファンにホコリが溜まると音が大きくなることがあるため、パソコンを設置する場所の変更やメンテナンスの実施を行いましましょう。
    他にも、BIOS設定で「C1Eステート」が無効になっていることも原因として挙げられます。新品のパソコンのモーター音が大きい場合、BIOS設定もチェックしておきましょう。


  • パソコンのケースが振動する「ビリビリ」
  • 原因:パソコンのパーツを留めるネジが緩んでいる可能性があります。ネジを締め直すか、制振シートを貼ることで対処できるでしょう。


  • 高周波のような「キーン」「チー」
  • 原因:チョークコイルが振動することで起こる「コイル鳴き」が考えられます。機器の故障による音ではありませんが、耳障りな音に悩まされる人も多いでしょう。改善方法としては「USBの選択的な中断」の設定を有効にするか、「USB省電力の設定」を無効にすること、他にも「省電力マネージャー」からCPUの省電力設定を切ることでも改善できます。これらの方法でも改善しない場合、パソコン修理を行う業者に依頼することでも改善できます。


  • パソコン本体のスピーカーから「ブーン」
  • 原因:電源ケーブルからコンセントにアースを取っていないと起こる「ハム音」です。電源からのノイズがオーディオ信号に影響していることが原因なので、放置しても特に問題はありません。電源ケーブルのアースをとることで解消します。


  • CD/DVDなどをセットした際の「ブーン」
  • 原因:セットしたディスクが回転している音なので、特に問題はありません。また、縦置き・横置きが可能なパソコンの位置を変えた時や、パソコンに対応していないディスクをセットした場合もこうした音が現れます。パソコンの位置を変えた場合なら、ディスクとドライブの間の「遊び」が解消された一時的な音なので問題はありません。しかし、対応していないディスクをセットした音だった場合、ドライブが破壊される恐れがあるため速やかに取り出しましょう。
    他に考えられる原因として、ディスク自体の問題も挙げられます。製造時のミスで偏芯していると、ドライブで再生した際に大きな音が現れる場合があります。

 

修理が必要な音

  • ファンからの「チリチリ」「ガリガリ」
  • 原因:ファン自体の故障か、PC内部のケーブルがファンに接触していると考えられます。どちらも放置すると機器に深刻なダメージが与えられます。
    対処:ファンの音が明らかにおかしいと感じた場合、速やかに修理を行う業者へ依頼しましょう。


  • 普段聞こえていた音が全く聞こえなくなった場合
  • 原因:電源がしっかり入っているのに音がしない場合は、ファンやHDDなどのパーツが故障していると考えられます。
    対処:止まっているのがファンである場合は、ファンを交換するとよいでしょう。HDDが止まっている場合、パソコンに認識されていないことが考えられます。認識されているかをBIOS設定で確認し、フォーマットをして対処しましょう。
    ただし、フォーマットをするとデータが失われるため、データを別の記録メディアに移す必要があります。もしもデータの移動ができない場合、データ復旧業者に依頼する必要があります。


  • HDDからの「ギュイーン」「カコンカコン」
  • 原因:HDDは操作を始めた時や、終了した直後に「カリカリ」「ジッジッ」という音が聞こえます。これは「シーク音」と呼ばれ、アプリケーションなどがHDDにアクセスする際や、HDDのヘッド部が動く音なので問題はありません。しかし、明らかに普段とは異なる音がHDDから聞こえた場合、それはHDDに深刻な物理障害が起きていることを意味します。
    対処:データが読み出せるなら、早急に外付けHDDやUSBメモリなどに情報を移す必要があります。異音のするHDDはいつ壊れてもおかしくない状態なので、情報を移している間に操作不能となる前に、重要な情報から移すようにしましょう。情報が読み取れなくなった場合、個人での対処はほぼ不可能となります。データ復旧業者に依頼し、大切なデータを復元してもらいましょう。